【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

扇風機 モーター

使っている扇風機が古くなってきたので、買い替えor買い足しを考えています。
いろいろと扇風機を検索していると、モーターの種類に違いがあることに気づきました。

扇風機のモーターは、「ACモーター」と「DCモーター」という2つの種類があります。
まだ購入は迷ってますが、それぞれのモーターの仕組み・特徴を比較してまとめてみました。


<ACモーター>
・AC=交流 (Alternate Current)
電圧が一定周期でプラスとマイナスに切り替わる。電流の流れる向きが常に変化する。
・風量は細かく調整できない。
(弱・中・強などの段階設定の扇風機が多い)
・消費電力が多い。
・運転音が大きい。
・扇風機本体の値段は安い。


<DCモーター>
・DC=直流 (DCはDirect Current)
常に電圧が一定。電流は一方向にしか流れない。
・風量を細かく調整できる。
(超低速回転なども設定可能)
・消費電力が少ない。
(ACモーターの扇風機に比べて1/10程度のDCモーター扇風機も出ている)
・運転音が小さい。
・扇風機本体の値段が高い。


メーカーやモデルによって差はありますが、扇風機のACモーター・DCモーターの種類の特徴はこんな感じのようです。

ざっくり言えば、性能で選ぶならDCモーターの扇風機、値段で選ぶならACモーターの扇風機ということですね。

DCモーターの扇風機は消費電力が少ない=電気代が安く済むということなので、長い目で見れば本体の値段が高くてもお得と言えるかもしれません。
これは、使う頻度や年間の使う日数などにもよりますね。
(夏以外にも部屋干しでサーキュレーター的な使い方をするなど)

特長を見るとDCモーターの扇風機がリーズナブルに手に入ればベストだなと思っています。
DCモーターの扇風機なのに、あまりに安い・メーカーもよくわからないというものの中には、モーターの作りが悪くて、異音がしたり熱を持ってモーター部が熱いなど、不具合がでるものもあるみたいなので注意は必要なようです。

型落ちモデルや安い理由が提示されている、お得なDCモーターの扇風機を探してみたいと思います。

熱中症 水分補給

8月に入って毎日のように真夏日の暑い日が続いてますね。
仕事で外回りをしていても、すぐ汗だくでふらふらになってしまいます。
(東京オリンピックで暑い中でも、激闘を繰り広げる選手を見ながら書くことではない気もしますが)

熱中症にならないように、こまめに水分を摂りましょうと言われていますが、具体的にどんな形で水分補給をすればいいのか。
熱中症予防のための水分補給について、記事を読んだので備忘録&情報をシェアします。

熱中症予防の水分補給のポイント
・時間の目安:15分~30分に1回程度
・水分補給のタイミング:のどが渇く前 (のどが渇いたと感じたときには遅い)
・量の目安:200ml~250ml (一気に大量に飲まない)
・摂る水分の温度:5℃~15℃くらいに冷やしたもの


汗をかいて喉が渇くと、どうしても一気に飲んでしまって、ペットボトル1本飲み切ってしまうこともありましたが、体は一度に200ml~250mlしか吸収することができないんですね。

塩分・ミネラルも熱中症予防に必要と言われていますが、スポーツ中とかずっと暑い屋外での活動とかでなければ、普通に水をこまめに飲むだけで十分熱中症予防になるみたいです。
(お茶やコーヒーなど利尿作用があるものはよろしくない)

スポーツなどの予定がある場合は、前日の夜から多めに水分を摂ることで、翌日も体内の水分量を増やして、熱中症予防をすることもできるようです。


特に今はコロナ禍でマスクをしていると中に湿気がこもるので、のどの渇きに気づきづらいです。
のどの渇きを感じなくても、意識して水分補給することが必要ですね。

のどの渇き以外にも、トイレ(排尿)の回数が減っているとか、汗が出る量が極端に増える・減るなど、体からのサインも出るので、注意して自分の身体に向き合うことも熱中症予防につながります。


まだまだ夏本番で、オリンピックもアツいですが、健康管理をして、暑い夏を乗り切りましょう。


牡蠣 パスタ

買い物に行けなかったので、冷蔵庫・冷凍庫にあるもので、簡単に適当パスタを作りました。

あまり食材も残ってなかったので、以前に業務用スーパーで買って冷凍庫にストックしてあった、冷凍牡蠣を使ってオイル系パスタに。


牡蠣 パスタ オイル.jpg

買い物に行けないとか、休みの日に家から出るのが面倒なとき用に、ひとりメシなら1食~2食くらいはどうにかなるようにストックしてあります。

ストックと言っても冷凍庫に肉・魚介で保存の効くもの、缶詰、乾麺とかくらいです。

とりあえず業務スーパーの冷凍牡蠣を流水で解凍。その間にパスタ用のお湯を沸かします。

パスタを茹でるときは、塩は入れずにオリーブオイルを大さじ1杯分くらい入れてから、パスタを投入します。

(ソースにゆで汁を使いたいので、塩を入れない方が塩味を調整しやすい。オリーブオイルを入れると麺同士がくっつきづらい)


今回の牡蠣のオイルパスタのレシピ。

レシピと言っても基本的に目分量と味見で作ってしまうので、材料と手順といった感じです。


フライパンでオリーブオイルを熱して、みじん切りにしたニンニクを入れます。

(低温の段階でニンニクを入れて弱火~弱中火くらいでにすると、焦げずに香りが出る)


ニンニクがキツネ色寸前になってきたら、解凍した牡蠣を投入。

キッチンペーパーなどで水気を切らないと、油がはねるので注意です。


牡蠣に火が回って来たら白ワインを入れて香りづけ、塩で味の調整。

ここでしっかり煮立たせてソースを乳化させるのがポイントでしょうか。


茹で上がったパスタをソースのフライパンに入れて、冷蔵庫に残ってた青菜も入れます。

牡蠣のソースと絡めながら、最後の味付け。

塩で塩味を調節、足りない気がしたので、オリーブオイルも追加。

フライパンで煽ってパスタに牡蠣のエキスが出たオイルソースを吸わせながら、ソースも乳化させる。

お皿に持って最後にブラックペッパーとフライドオニオンを掛けます。

牡蠣 パスタ.jpg


適当に家にあるもので作ったオイルベースの牡蠣のパスタでしたが、なかなか上出来でした。

業務スーパーの牡蠣は火を入れてもあまり縮まず、大ぶりでプリプリで美味しかったです。

下手な冷蔵物の牡蠣よりストックもできていいかもしれません。


今回はニンニク+オリーブオイルのソースにしましたが、唐辛子を入れてペペロンチーノにしても美味しかったかもしれません。

牡蠣とパスタどちらも好きなので、オイルベース・ペペロンチーノ、トマトベース、クリームソースどれもイケそうです。

今度は違う牡蠣のパスタも作ってみようと思います。

フィリップス ソニッケアー

数年前に買った電動歯ブラシを新調しました。

オムロン、パナソニックなども迷いましたが、性能・値段などを比較して、フィリップス ソニッケアーを購入しました。

フィリップス ソニッケアー 箱.jpg

フィリップス ソニッケアー プロテクトクリーン プレミアム HX6877/25


フィリップス ソニッケアー 説明書.jpg

セット内容はこんな感じ。


フィリップス ソニッケアー 付属品.jpg

本体、充電スタンド、替えブラシ2本、説明書が入っています。


フィリップス ソニッケアー 本体.jpg

フィリップス ソニッケアー 本体横.jpg

フィリップスらしいオシャレなデザインです。

フィリップス ソニッケアー「プロテクトクリーン」と呼ばれるモデルです。

3つのモード、3段階の強さ設定から選ぶことができます。

モードは「クリーンモード=通常のブラッシング」、「ホワイトモード=ステインの除去」、「ガムケアモード=通常ブラッシング+歯と歯茎の境目を磨く」の3つ。

強さは「強」、「中」、「弱」の3段階です。


フィリップス ソニッケアー 替えブラシ.jpg

フィリップス ソニッケアー 替えブラシは2本付属。


フィリップス ソニッケアー 替えブラシ アップ.jpg

フィリップス ソニッケアー 替えブラシ 横.jpg

フィリップス ソニッケアー 替えブラシ 斜め.jpg

「ホワイトプラス」(レギュラー)1本と、「ガムプラス」1本ずつの替えブラシです。

山型カットになっていて、奥歯や歯のくぼみにもフィットします。


フィリップス ソニッケアー 充電.jpg

充電スタンドが小さいので、スペースを取りません。

(前に使っていたのが、充電スタンド大きくて洗面所で邪魔だった)


フィリップス ソニッケアーを1週間ほど使ってみたレビュー。

前歯だけじゃなく、奥歯もツルツルになります。

ホワイトプラス(レギュラー)の方の替えブラシを使っていますが、奥歯と"奥歯の奥"までフィットする感じがあります。

歯が白くなったかどうかは、まだ分かるほどの実感はないです。

モード・強さ設定もひと通り試してみました。

フィリップス ソニッケアーの「クリーンモード」は一定の振動、「ホワイトモード」・「ガムモード」は振動が変わります。

私は歯磨きする時間が長いので(10分~15分くらいしてる)、振動が一定の「クリーンモード」が好みでした。

電動歯ブラシの性能も上がってますし、そんな長時間歯磨きをする必要はないと思いますし、通常の使い方の人には「ホワイトモード」、「ガムモード」で歯全部を短時間で十分磨き上げることができると思います。

強さ設定は「弱」でも十分ツルツルに磨きあがります。

「強」は強すぎと感じるくらいの振動でした。

フィリップス ソニッケアー プロテクトクリーンは、シンプルで使いやすいので、初めて電動歯ブラシを使う方にもおすすめです。

餃子 無人販売

ネットなどでも話題になった、餃子の無人販売でテイクアウトをしてみました。

「餃子の雪松 中野店」

群馬県水上にある餃子の雪松が、いろいろな場所に無人冷凍餃子直売所をオープンさせています。

中野店は東京メトロ丸の内線「新中野」から徒歩2分~3分くらい、中野通り沿いにあります。


餃子 無人販売_外観.jpg

24時間営業、当たり前ですが、本当に無人です。


冷凍庫から餃子を取って、料金箱にお金を入れます。

料金箱が賽銭箱のようなデザインになっていて、良心に訴えかけて盗んだりしにくくなってるような気がします。


餃子 無人販売_パック.jpg

冷凍餃子36個で1000円(税込み)

18ケ入りのパックが2パックセットになっています。


餃子 無人販売_焼き方.jpg

冷凍餃子のパックを包んでいる紙には、おすすめの焼き方も書いてありました。


餃子 無人販売_冷凍.jpg

キレイに並べれらた冷凍餃子。


餃子 無人販売_調理.jpg

焼き方に従って、18ケ並べて焼いてみます。

1つずつばらけさせて、隙間を開けるようにして並べます。

(くっついたまま焼くと、焼きムラができたり、焼いてからばらすと皮が破ける)


餃子 無人販売_焼き餃子.jpg

焼き餃子完成。

焼き目はいい感じですが、最初のお湯を計らずに入れてしまったので、少なかったようです。

ちゃんとしたお湯の量で焼けば、もっと皮のモチモチ感が出た気がします。


お味の方ですが、結構ニンニクのパンチは強め。

香りは強めですが、野菜中心で肉が少なめの餡なので、重くはないです。

肉肉しい餃子を食べたいときには、ヘルシーにすら感じてしまうかもしれませんが、パクパク食べれるようなタイプの餃子です。

ニンニクしっかりなので、ごはんでもビールでも。


タレなどなにも付けずに食べても、美味しく食べられるくらいしっかり下味が付いています。

今回は雪松のタレは買わなかったので、後半は酢コショウと醤油・ラー油・酢の自作のタレで頂きました。

まだ1パック・18個残っているので、次はお湯の量もしっかり計って、さらに美味しく食べたいと思います。


ネットにも餃子の雪松 無人冷凍餃子の販売の工夫についての記事がありました。

https://dot.asahi.com/dot/2021051900055.html?page=1




「餃子の雪松 中野店」

東京都中野区中央5-4-20