【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

歯磨き 正しいやり方

歯磨きの正しいやり方についての記事を読んだので、備忘録的にポイントをまとめたいと思います。


自分のやり方であっていた部分と、できてない・初めて知った部分と半分ずつくらいでした。

歯磨きの正しい方法(ポイント)


<歯磨きの正しい回数>

・朝と夜の1日2回は必ず歯磨きをするべき。

・1日4回の歯磨きがベスト。
朝2回と昼食後、夜の合計4回。
歯磨きをする時間帯により目的が変わる。

朝起きてすぐの歯磨きは口腔環境の改善が目的。
寝ている間は唾液の分泌量が減って、口の中の菌が劇的に増える(寝起きは便10gと同じくらいの数の菌があるとも言われているとか…)
朝一番の歯磨きをしっかりして、朝ごはん後に「ちょい磨き」をするのがオススメ。

昼食後、夕食後は食べ終わってすぐではなく、30分以上経ってからの歯磨きが好ましい。
(食事直後は口内が酸性に寄っているので歯磨きで酸性を塗りたくるのはよくない)


<歯磨きの正しい順番>

・歯磨きの前は「口ゆすぎ」をする
歯磨きを始める前に、口の中をゆすぐ方が正しい歯磨きの効果を得ることができる。

口ゆすぎの方法は、20mlくらいのぬるま湯で、グチュグチュと音がするくらいに口の中を洗い流す。
口の中のいろいろな方向・舌も絡めながら30秒くらいドラム式洗濯機のようなイメージできれいにします。

口の中・歯の汚れは何重にもなっていると言われていて、いきなり歯ブラシで磨くより、口ゆすぎで一番上の大きな汚れを落としてから歯磨きをしたほうが、しっかりキレイにすることができる。

大きく動かしながら口ゆすぎをする習慣を付けることで、唾液の分泌が促されて口臭予防になったり、顔・口まわりの筋肉のエクササイズにもなるという歯磨き以外の副産物もあると言われているようです。


読んだ記事の歯磨きの方法が全て正しい磨き方かは分かりませんが、とりあえず実践してみる価値はあるかなと思いました。